花輪和一
1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

1971年、月刊マンガ雑誌『ガロ』7月号に掲載された「かんのむし」で、漫画家としてデビュー。
以降、マイペースながら、平安朝などを舞台とした怪奇幻想的な作風で、独自の境地を築く。

花輪和一先生の作品一覧

  • 『刑務所の中』

    花輪氏が体験した三年二カ月にわたる獄中での日々を、リアルな描き上げた傑作獄中漫画!!

    2018年09月03日