4c85c234076325c638e2c305400f29d6
中山 昌亮
モーニングやビッグコミック系の雑誌でサラリーマンを対象とした読者層の所謂青年漫画というカテゴリーに入れられる作品を多く描いてきたのですが、何の縁かタイミングかホラー作品を描き始め、それが受け入れられるという幸せを享受させて頂く状況に至り...

モーニングやビッグコミック系の雑誌でサラリーマンを対象とした読者層の所謂青年漫画というカテゴリーに入れられる作品を多く描いてきたのですが、
何の縁かタイミングかホラー作品を描き始め、それが受け入れられるという幸せを享受させて頂く状況に至り、この度【恐ろし屋】にも参加する機会を頂きました。
読者の皆さんが各々の胸に持つ、奇妙な扉を開くキッカケになれると存外の喜びです。

中山 昌亮先生の作品一覧