里見有
蝶の翅を描いていると、小学校の頃クラスでひとり一匹ずつ育てていたアゲハ蝶のことを思い出します。私の蝶はチピという名前で、とても貧弱でした。

蝶の翅を描いていると、小学校の頃クラスでひとり一匹ずつ
育てていたアゲハ蝶のことを思い出します。
私の蝶はチピという名前で、とても貧弱でした。

里見有先生の作品一覧

  • 『わたしのともだち』

    たとえ見た目が変わっても、私達は友達なの。みんなが嫌いになっても、私だけは友達でいてあげる。

    2016年10月27日
  • 娘
    『娘』

    一見、虫が苦手そうな少女。すると、少女のかばんかから〇〇が溢れ出てきて……!?「蟲姫 」特別描き下ろし!!

    2016年10月27日
  • 『蟲姫』

    2016年10月27日
  • 『火傷少女』

    狂気100%の少女と平凡な少年との死に近い物語。思春期特有の知的好奇心に抗えない少年少女が、どうやって知るか奮闘する。

    2016年10月27日