soitsuya-thum

-恐ろし屋厳選怖い話-~恐ろし屋 怖い話シリーズ~ 怪談実話 病棟の道化師 より 「そいつや」 著書:遠山 雅 […]

-恐ろし屋厳選怖い話-
~恐ろし屋 怖い話シリーズ~
怪談実話 病棟の道化師 より
「そいつや」
著書:遠山 雅
八十七歳の老人が、喉に餅を詰めて運ばれてきた。
常連の透析患者だった。傲慢で我が儘な人で看護師から嫌われていた。
彼には献身的な大人しい妻があり、よくできた人だと有名だった。

救急車からよろめくように降りてきた奥さんの手に、痣がたくさんあった。
きっと、喉を詰めた夫を助けようと、歯のない口の中に手を入れて、歯茎に強く噛まれたのだ――。
看護師たちはひどく同情した。

「処置があるので外の椅子でお待ちください」

とドアを開けたとき、処置室を響かせるような声が聞こえた。

「そいつや!」

驚いて振り返り周りを見回す。
不思議なことに、数人は同じように驚いて周りを見回しているが、あとの数人は聞こえなかったように処置を続けている。
とにかく奥さんを椅子に案内し、病院の説明をすることにした。

しばらくして、医者に呼ばれた。

「……奥さん、まだちゃんとおるよな?」

妙なことを聞くものだと思った。

「……夫婦二人暮らしやんな?」

奇妙な質問が続く。

「先生、なんなんですか?」

聞くと、医者は額の汗を拭いた。

「あかんかった」

老人を助けられなかったことを知り、奥さんの嘆きを思って言葉をなくす。

「警察、呼ばなあかんかもしれん」

「は? なんでです?」

「喉から餅が出てきた」

「餅詰めた言うてましたからね」

「ドロドロのやつと、あと……」

医者は言い淀んだ。

「焼いてない角餅」

老人は性格こそ悪かったが、しっかりしていた。
いくら餅が食べたいとはいえ、焼かずに角餅を食べるような人ではない。
さらに、医者は続けた。

「手首と肩に縛っとったような皮下出血がある」

ぞっとする光景が浮かんだ。
奥さんの手にあった痣は、詰めたものを取り出そうとしたのではなかったのか。
もしかして……。

「多分これ殺人や」

その後、奥さんは警察に話を聞かれるため病院から去った。
老人の遺体は、息子夫婦に任せることになった。
処置室で聞いたあの声は、老人のものだったのだろう。
-終-
twitter-thum
兵庫県出身。幼いころから怪談好き。関西の病院で看護師を勤める傍ら、医者や同僚、患者たちを中心に怪談収集を始める。外薗怪談では「白い人」として知られる。医療関係者を中心に怪談奇譚...
続きを読む

コメントをどうぞ!

作者の関連作品はこちらから購入できます!

怪談実話 病棟の道化師

著者 遠山 雅
価格 ¥600