闇小噺

ツイッター上で投稿されている超短編怪談『闇小噺』。その【1】〜【10】を掲載!

2016年12月05日

『闇小噺』 闇小噺[1]~[10]

【闇小噺1】

親孝行しようと両親を連れ海外旅行へ。 途中、飛行機内で突然黒服の男に話しかけられた。 「私、死神とキューピットの二役を担っています。 あなたが前席の女性と結ばれる代わりにこの機を墜落させ、ご両親含め500名死亡させるか、 あなたが一人、今ここで死ぬか…」 「は?」 「お選び下さい」

【闇小噺2】

夜の帰り道。 行き交うヘッドライトを眺め歩いていると、路上に何かを発見。 あれは…、腕だ。アスファルトの車道に、人の腕が生えている。 するとその腕が車に轢かれた。 同時に右腕に激痛が走る。 見ると自分の右腕が折れ曲がっている。 痛みに顔を歪め前方を見ると、今度は地面に頭が…。

【闇小噺3】

「お前さぁ、海外旅行に行って変なの持って帰ってくるなよ」 「マジか!?祓ってくれ!」 「そりゃ無理だ。言葉わかんねぇ」 「おい、そりゃねぇよ!」 「んなことよりさ、憑いてる奴、スッゲェかわいいじゃん。俺がもらってやってもいいゼ?」 「え?……ヤダ」

【闇小噺4】

毎朝、爪、髪が丁寧に包装され届く。 それは歯、指、耳、舌、眼球とエスカレート。 ある日「TVの生中継を見て」というメモが届き、 電源を入れると、顔中包帯を巻いた人物が自分の首を切り落とす姿が映った。 私は終わったのだとほくそ笑んだ。 翌朝、首が届いた。 誰が送った?

【闇小噺5】

登山中、ボロ切れを纏った醜い老婆が突然現れた。 驚き、見ると手には木の棒を握っている。 何をするつもりなのか。 気づくと周囲を同じような老人達に囲まれていた。 そこで思い出した。 少子高齢化の影響で山に捨てられた老人が群れを成し、子を産み、山賊と化しているという山の噂を…。

【闇小噺6】

日が暮れカーテンを閉じようと窓際に立つと、電柱脇に立つ中年男性が目に入った。 そういえば、昼からずっとあそこにいる。 男に不気味なものを感じ、さっとカーテンを閉じた。 深夜、ふと気になりカーテンの隙間から外を見ると、男はまだそこにいた。 さっきは見えなかった女を背負って…。

【闇小噺7】

猫達が我が家の縁の下で集会でも開いているのか、床下からの鳴き声がうるさい。 日が過ぎ落ち着いたかと思えば、またうるさくなるという事を繰り返す。 ある日、遂に我慢ができず懐中電灯を片手に縁の下に潜り込んだ。 そこには、何体分もの人骨と新たな遺体を囲む猫達が鳴き声をあげていた。

【闇小噺8】

この崖の美しい景色に誘われるのだろうか…。 遺族は皆、自殺に首を傾げているらしい。 私は多発する身投げを止めるべく見張っていると、表情の暗い女が現れた。 だが彼女は私を見つけると、声を掛けてきた。 「貴方も止めに来たのですか?私は貴方のような人をポーンと突き落とす事が好きなんです」

【闇小噺9】

トンネルの途中で手を四回打ち鳴らすと、後ろから女が近づいてくると噂の心霊スポットに友人と行った。 薄暗く空気の冷えたトンネル内。 立ち止まり、四回手を叩く。 暫くすると微かに物音が聞こえた。 後ろから?いや違う! 音は次第に大きくなっていく。 前後から集団で走って来ている!

【闇小噺10】

肝試しに廃墟を順番で探索中「後ろに注意」という張り紙を発見。 振り返るとそこにも「後ろに注意」という張り紙。 首を傾げ振り返ると今度は「正解」の文字。 意味解らぬまま友人と交代したが、戻ってこない。 探しに行くと友人が倒れており、傍には「残念」の張り紙。 何が「正解」だったんだ…?
闇小噺
ツイッター上で超短編創作怪談を呟き、ちょっと怖い雑な画像も作成するしがないグラフィックデザイナー。
続きを読む

コメントをどうぞ!